いなにわ手綯うどん、いなにわそうめんの寛文五年堂手作り稲庭うどんの【寛文五年堂】|株式会社 寛文五年堂

  1. 生麺ならではのモチモチ食感

    現在「生麺」は、うどん作り25年のベテラン職人たった2名が手作りで仕上げているため、
    1日に作られる量に限りがあり、まさに「幻の生麺」と言えます。
    乾麺より、さらにコシが強く、しっかりとした歯ごたえと独特のモチモチ感が特徴です。

  2. いなにわ手綯うどん「生麺」ができるまで

    生麺は、「手綯い」の後に「寝かせ」たものをざっと延ばし、微妙に乾燥させたものです。
    「寝かせ」までの工程は伝統の乾麺の作り方とまったく一緒です。

    最も難しいのは、乾燥の具合。
    乾き過ぎると乾麺に近く、乾燥が足りなければ独特の食感と風味が出ません。
    乾燥室の天井で回る扇風機の風を受けて揺れるうどん…
    その揺れ具合を見て乾燥の程度を見極めます。
    ※いなにわ手綯うどん「生麺」の賞味期限:製造日より8日間